愛着あるアクセサリーとの別れにあたり

確かな鑑定人

この業界は、鑑定こそが生命線であると言っても過言ではありません。
鑑定依頼を受けたアクセサリーを正確にジャッジし、その内容をいかに正確に、クライアントへ報告するかが使命であり企業コンセプトでもあるのです。
アクセサリーのうち、ダイヤモンドについては、最高級と言われるカラーストーンを除けば、価格の基礎となる品質を決定するグレーディングシステム「権威ある国際基準」にのっとり算出されるのが主流になっており、鑑定士の緻密な検品で、宝石としてのグレードを判別し、そのグレードに加えて、カラット数に対応した現時点の相場を合算し最終価格を導き出だすのですが、その過程で、過誤なく正しいジャッジができるレベルの高い技術を持った鑑定士こそ、企業が求める人材であり、厳しい訓練を経て、多くの経験を積んだ者が選ばれます。

オンライン査定

インターネット環境の向上で、自宅に居ながら商品の情報収集はもちろん、売買もたやすくできる時代になりました。
金や銀の貴金属、ダイヤモンドなどの宝石の売買を行うこの業界おいても、例外なく恩恵を受けておりますね。
店舗における対面商談しかなかった一昔まえと違い現在では、業者の運営するウェブサイトにアクセスすることで企業との折衝が可能になり、所有するアクセサリーの価値を知りたい、売りたいなど、どんな相談もできるようになりました。
クライアントから送られた情報をもとに、鑑定士による査定が行われ、その結果をまとめた査定表がフィードバックされます。
どんな商談においても、やはり、取引の目玉になるのが商材の鑑定結果であり、信頼できる企業の査定であれば、対面、ウェブいずれを問わず安心して取り引に、臨むことができるでしょう。



この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る